Forget for get

呼吸と体を通して、自分を思い出すこと、それは「自分」を忘れること。呼吸と日々の食事でHIVとともに生きる心と身体をケアする松永真美が、生きることを活かすこと、「生活」について綴るつれづれブログ。

HIVを武器として使っていた話 1

19歳の時にHIV感染。感染理由は、当時の恋人(その後ほどなくして亡くなりました)とのセックス。来年、PWHIV(Person with HIV/HIVとともに生きる人)としての人生がそうじゃない人生とちょうど半分になります。PWHIVとして生きることでのあれこれは、書こ…

2017.8.7〜8.13 日々のこと

クラススケジュール ●8/19(土)@名古屋 肚で生きる練修〜みんなのための呼吸の1day・ワークショップ ●8/20(日)@名古屋 呼吸の復習・stepup ワークショップ ●8/21(月)@浜松 自分の本質を生きるためのワークショップ ●8/28(月)オンライン講座|生活に役…

2017.7.31〜8.6 日々のこと

クラススケジュール ●8/12(土)@鵠沼海岸 肚の声を聞く練習をする会 〜自分の生を生かし、周りのいのちに貢献し、そして楽に幸せに生きたい人へ〜 ●8/19(土)@名古屋 肚で生きる練修〜みんなのための呼吸の1day・ワークショップ ●8/20(日)@名古屋 呼吸の…

2017.7.24〜7.30 日々のこと

クラススケジュール ●7/31(月)オンライン講座|生活に役立つインドの叡智〜アーユルヴェーダの食事と生活法、季節の過ごし方〜 vol.2 ●8/5(土)@鵠沼海岸 呼吸dojo〜本当に心地のいい呼吸をしる、学ぶ、体験する ●8/12(土)@鵠沼海岸 肚の声を聞く練習を…

2017.6.26〜7.2 日々のこと

クラススケジュール ●7/7(金)〜13(木)ハワイ島リトリート『再生の旅 』~時空を越えて~ ●7/31(月)オンライン講座|生活に役立つインドの叡智〜アーユルヴェーダの食事と生活法、季節の過ごし方〜 vol.2 ●8/5(土)呼吸dojo〜本当に心地のいい呼吸をし…

2017.6.19〜6.25 日々のこと

6月19日(月) 久しぶりに波があった。天気も良くて嬉しい。 日本語学習をする人に縁あって出会ってから、改めて言葉というものについて考えている。言葉の限界と、言葉の可能性。言葉があるがゆえに伝わらないこともあれば、言葉があるがゆえに伝わることも…

2017.6.12〜6.18 日々のこと

6月12日(月) 肌寒い日。今日は家から出ずに1日過ごす。ずっと外に出て、人に会い続けていたので。午前中、ウェブ作業。久しぶりに自分主催の講座をするので、それのお知らせなど。最近おもうのは、やはり単発のものより、継続的な方がいいなということ。…

2017.6.5〜6.11 日々のこと

6月5日(月) 早朝に家を出て高松へ向かう。 小田原駅の新幹線乗り場に行くとよく見る光景、ビジネスバッグの整列。それは、新幹線を待つ人たちが、自由席の乗り場のところにバッグを置いて順番待ちをさせ、持ち主はベンチに座っている、というもの。最初に…

2017.5.29〜6.04 日々のこと

5月29日(月) なんとなく西方面にひかれて、会いたい人もいるし、来週小旅行をすることにした。TSUTAYAで旅本などを読みながらイメージを巡らせる。とりあえず、会いたい人とは高松で落ち合うことにしたけれど、それ以外はまだどうしたいかわからないなあ。…

2017.5.22〜5.28 日々のこと

5月22日(月) いつもより遅めに目が覚めた。なんとなく今日はおやすみデーにしようと思い、洗濯とか掃除とかは一切なし。9時を待ち、郵便局に行って、本日のタスク終了。歩きながら、そうだそうだ、12年前、この町に住むことにした決め手は商店街で、徒歩で…

2017.5.15〜5.21 日々のこと

いわゆる「仕事」の日数の少なさに、毎日何してるんですか?とよく聞かれる。ので、日記を書くことにしてみました。アラフォー、独身、一人暮らし。日々、わりと満足して生きてます。 5月15日(月) 午前中、月に一度、T-siteで開かれている蚤の市へ。気にい…

引っ越しにまつわるあれこれ

気づけば、かなりしばらくぶりの更新。2月〜4月は引越しのバタバタであっという間に過ぎていきました。子供の頃、1年とか1年半で引越しをしていたので、住む場所を動くことになんの抵抗もなく、むしろ、長く(数年)いると落ち着かなくなってくるくらいなの…

体感覚が戻ると自信(自身)が戻る

www.mylohas.net 身体は自分という本質の表現体です。身体がなければ、私たちはなにもできません。それなのに、身体のことはおろそかにしがち。 頭が痛くなれば、痛み止めを飲み、鼻水や咳が出れば、それらの症状を止める薬を飲み、そんなふうにして身体が発…

「意図だけ持って、あとはおまかせ」ということについて

「意図だけもって、あとはおまかせすればいい」というようなことをよく言っているのですがこれって、つまりどういうこと?なんにもしないってこと?いえいえ、そういうわけではないんです。書いてみたらなんだか結構長くなりました。大学を卒業してから約15…

前に進むために癒しは必要なのか

どんなにたくさんのセッションを受けて、過去にできた傷やトラウマを癒しても、自分の深い深いところを探っていっても、結局のところ、いま、その一歩を、あるいは一手を変えるしか変わる方法ってないんだとおもう。 それはつまり、癒しがなくても、新しい道…

他者にやさしくあるために必要不可欠なことは、自分にやさしくあること

人にやさしくできないとか、だれかをうらやましく思うとか、だれかのささいな言動にイライラするとか、そんなことがあったとしたら。そんな自分を「ダメな自分だ」と責めるかわりに、もっと自分をかわいがってあげることをおすすめしたいとおもいます。 他者…

あれこれ心配しなくても、私たちには調和的に生きるシステムが基本搭載されています

冬はあたたかくさえしていればなんとなくしあわせ。しあわせのハードルが下がる季節だとおもっています。あたたかいブランケットや靴下、帽子に手袋などなど、冬にそなえてあったかグッズを準備するのはたのしいものでもあります。そして、冬に備えての準備…

蚊が顔を刺すという慈悲について

ちょっと前のこと、首を絞めて殺される夢をすごくリアルに見ました。あまりにリアルすぎて、これは別の次元で「自分」が体験してることなんでは?と思うほど。 そんな話をいろいろ見えちゃう系のひとに話したら、ある人物に対して「許せない」っていうのがあ…

お金を使うときの自分のパターンに気づいてみる

自分に気づいていること。気づくための時間、瞑想やマインドフルネスの時間をとるのではなく、常に気づいていること。これは、マインド(思考や心)の支配やパターンから自由になるための近道です。 とはいえ、いつなんどきでも気づいているのは最初はなかな…

掃除しようぜ!

2016年も残すところ1カ月とあとすこし。12月、師走になれば文字通り慌ただしく駆け抜けるように日々が過ぎていきます(もっとも、師走でもないのに瞬きをしている間に終わってしまったんじゃないかという月もあるのだけれど)。わたしにとって年末の行事とい…

なにかをどうにかしようと思っている限りは結局のところ、苦しいところにい続けることになる

「心をととのえる」。マインドフルネスやヨガ、瞑想などが一般的になり、こんな言葉をよく見聞きするようになりました。「心をととのえる」。この言葉からどんな状態をイメージするでしょうか。どんなときも心穏やかで、冷静、感情の振り幅がないような、そ…

『バガヴァッド・ギーター』がおしえる3種類のしあわせ

ヨガの教典のひとつである『バガヴァッド・ギーター』。王子アルジュナと、彼の導き手である神様クリシュナとの対話で構成された叙事詩です。ガンジーが「スピリチュアルディクショナリー」と呼んだり、アインシュタインが愛読していたり、ジョージ・ハリス…

心から味わって食事をする。毎日できるマインドフルネスの練習です。

新米がおいしい季節、食欲の秋ですね。暑い夏には食欲が落ち、涼しくなってくると食欲が出てくるのは多くの人が感じていることだと思います。こういう、お腹が空いたな、とかあんまりお腹が空かないな、という体の感覚に耳をすませることはマインドフルネス…

その怒りも悲しみ喜びも結局のところ自作自演

誰かに対して怒りや、イライラを感じたとき。この人がこうじゃなければ、この人がもっとこうだったら、こんなに感情が揺さぶられなくてすむのに……。そうして、でも人は変えられないわけだし、じゃあどうしたらいいんだろう……。そんな無限のループに陥ること…

幻の栗を渋皮煮にしたら失敗した話

先日、この10年間毎年恒例になっている栗の渋皮煮をつくりました。渋皮煮は、その名の通り渋皮がとても大切です。渋皮を傷つけないように、鬼側だけを剥きます。そうして渋皮の渋みが微かに残るくらいまで何度も茹でこぼし、甘味をつけていきます。重曹を使…

呼吸が変わるといろいろほんとに変わっちゃう、ということを改めて

「呼吸・整体」を教えてくださっている森田敦史先生が本を出版されました。これは人類にとってのギフトだとおもう(これまでに講座を受けてくださった方々、理解を深めるためにとてもいいとおもいます! )。 なにもしていないのに調子がいい ふだんの「呼吸…

もっと、早く、効率よく。そんな頭が優先の生活で体をおいてきぼりにするとき魂もおいてきぼりになるんだと思う。

睡眠をとって心身を休ませることは生きていく上で必要なことです。睡眠や休息なしには生きていくことはできません。休息が必要になったら体は眠りに入り、チャージが終われば目覚めるという完璧なシステムが搭載されているのが私たちの体です。何時間寝れば…

起きていることをただ認知する。それは、二元性から抜け出すことであり、その出来事をきちんと体験し、その体験をその都度完了させていくこと

“人生は一連の[望ましい、および望ましくない]出来事から成っています。で、私たちが、望ましいものを選び、望ましくないものを捨てようとしているかぎり、いやおうなしに[二元性の]葛藤が起こり、ショックを受けざるをえません。 『しなやかに生きるた…

効率や合理的であること、より早く確実に結果を出すこと。美徳とされているこれらを求めることで、何を得て何を失うんだろう。

外なる社会の日程表は守るが、内なる時間、心の時間に対する繊細な感覚を、わたしたちはとうの昔に抹殺してしまった。個々の現代人には選択の余地がない。逃れようがないのだ。わたしたちはひとつのシステムを作り上げてしまった。ようしゃない競争と殺人的…

コンビニ弁当を食べる「丁寧な暮らし」の形だってある

丁寧な暮らし。そんな言葉から思い浮かべるのは、手作りのいろいろや、素材にこだわったものを選ぶこと、自然に寄り添うようなあり方でしょうか。もちろんこれらが「丁寧」の現れであることもあるでしょう。でも、「丁寧」であればこれらの現れがあるとは限…

いい波かどうかなんて、その人次第なんだ、その人がきもちよく波に乗ったらその日の波は“いい波”になるんだ

ちょこちょこ波があって、連日海。少し前にマイロハスに書いた記事をあらためて。海が教えてくれること、ってなんかベタで恥ずかしいような気持ちになるんだけど大事なことを体感させてくれる場だなあとおもう。 www.mylohas.net サーフィンをしているといろ…

9月スタート呼吸の6回講座の募集がスタートしました

CCCアジト@外苑前での呼吸の6回講座、ありがたいことに好評で、9月からまたスタートします。 この6回を通して行き着くところは、自分で自分の面倒を見られるようになること。身体と呼吸のまんなかを知って、そこにいつも自分で戻れるようになること。 自分…

自分と相手に起きていることを、そのままに観る。人との関係にあたたかさを生み出すマインドフルなコミュニケーション

マインドフルネスとは、今この瞬間に気づくことです。マインドフルネスのための特別の時間を取る必要は特になく、日常のすべてがマインドフルネスの練習になります。 たとえば、誰かの話を聞くとき。こんな悲しいことがあった、いやなことがあった。そんな話…

8月のスケジュール

関東も梅雨が明けて、いよいよ夏らしい感じになってきました。梅干しをいつ干そうかと天気予報が気になっています。 さて、8月のスケジュールです。鵠沼海岸で開催していた単発のクラスは今後しばらくお休みする予定です。呼吸とマインドフルネスに関しては…

スローダウンすることこそ本当の意味で生産的なんだろうとおもう

マインド(思考)にとって、大切なのは「正しさ」。マインドに乗っ取られていると、どうしても正しい、間違ってる、良い悪い、というような二元性から抜け出せなくなってしまいます。だから、呼吸を落ち着けて、本来の自分である今の気(息)分を大切にする…

結局のところ、しあわせ感と正しさ、どっちをとるか、ということなんです

明日の大事なプレゼンのことを考えると、失敗したらどうしようとかうまく話せるかなとか心配になっちゃってよく眠れない…。プレゼンじゃなくてもなんでもいいんですが、もし〇〇になったらどうしよう、とか〇〇にならないように〇〇しとかないと!とか、そん…

発芽、成長、開花、結実、枯死、そしてまた発芽

人は自然の一部、産物。ゆく川の流れは絶えずして、身体やマインドもやっぱり変化し続けてます。たいていの植物は、発芽、成長、開花、結実、枯死、そしてまた発芽、というサイクルを繰り返しています。私たちの人生も、一生という長期的な目で見ても、10年…

自然を愛するってことはつまり自分の身体を愛するってことだ

自然が生み出すものに畏敬の念を感じられるなら、同じように自然が生み出した自分の身体にも畏敬の念が生まれると思う。他者の身体にも。バクティヨガってよく分からなかったけど、そういうことかと最近腑に落ちた。すべてのものの中に神性を見いだすことに…

ああもうこれが絶対欲しい、ワクワクするし、ワクワクって自分の進むべき方向を表すっていうし、これは私に必要なものなんだ!と思い込んでしまうカラクリ

不安や恐れは、過去や未来からやってくる。今ここ、という現実には不安や恐れはありません。では、未来を予想してのワクワク感もやっぱり妄想? たとえば、私たちが魅力的なものを前にして、それを得たい、食べたいと思うとき。あるいは、翌日に楽しみなイベ…

今ここ、という現実。過去や未来という妄想。

マインドフルネスのスタートでありゴールでもあるのは、「今この瞬間」にいる、ということです。それはつまり、現実を生きる、ということです。過去や未来は、今この瞬間には存在しません。それは、私たちの頭の中にだけあります。つまり、それは現実ではな…

7月のクラススケジュール

日常がマインドフルネスであること、自分に気づいていること。それがとっても大事だと思っています。だから、マインドフルネスや瞑想の時間をとることよりも日々の一挙手一投足、感情や思考に気づいていることが大事、とクラスなどではお伝えしてきました。…

生活(=生を活かす)に役立つ羅針盤、サットヴァ、ラジャス、タマス

ヴェーダからの学びって、人生にそのまんま役立つことだらけなんですが、サットヴァ、ラジャス、タマスという物質のもつ3つの質の概念は役に立つ&よく使うランキングのかなり上位にいます。マイロハスの記事でざっと説明しました。文字数の関係で、ざっと、…

循環か停滞か

梅雨が始まる前、家中を大掃除。うちのあたりは、この時期ちゃんと対策しないといろいろ黴びる、っていうのもあって年末より、むしろ梅雨前のほうががんばりどき。マイロハスに書いた記事の補足&ダイジェスト。 www.mylohas.net www.mylohas.net 必要なもの…

「自分」とはなにか

マイロハスに書いた記事のB面です。マイロハス用にはだいぶオブラートに包みましたが、ブログだからバシッと言います(笑)。 www.mylohas.net マインドフルネスは、リラックスするためのものでも、作業効率をあげるためのものではなく、自分につながるプロ…

6月のクラススケジュール

今月のクラススケジュールです。自分のまんなかを思い出す呼吸の練習会をメインで行っていきます。ここがしっかりすると、マインドフルネスやマインドフルコミュニケーション、瞑想やヨガなどのほかの内容の効果があがるだけでなく、人によっては自動的にRe-…

感じやすい身体

身体がリラックスしてくると、自動的に心もリラックスしてくるので、まあ心はあんまりいじらなくてもいいようになります。なにか心が動いたら、その都度それを認知して、それで流れていくから。 ただ、心の動きを感じられないと、心のざわめきはどんどん大き…

陰影礼賛

マイロハスに書いた記事をもうちょっと深堀りしてみます。 www.mylohas.net 「ネガティブっぽいこと」については、思ったり考えたりしてはいけない、と自分に自分で規制をかけて、なかったことにしがち。あるいは、そんなことを思っちゃう自分てダメだ、器が…

身体からはじめる

わたしの身体、わたしの心。じゃあ、つまり、身体も心も「わたし」ではないってこと。「わたし」ってなんでしょうね。まあそれはおいときますけれど、リラックスしていて力みがない、っていうのが人のベースだと思うんです。赤ちゃんってそうでしょう。 さて…

マインドフルネス3.0(笑)

マインドフルネスの時間を取るのではなくて、マインドフルネスであること。静かに座る時間も大切だけど、その10分や20分や数時間よりも、それ以外の時間のほうがずっと長い。だから、マインドフルネスでありつづける、ながらマインドフルネスをおすすめして…

家族ってね、いろいろあるよね

マイロハスではちょっとよそゆきに書いているので、そのB面的な。その人が「家族」だから大切にしたいのか? それとも、その人だから大切にしたいのか?そこが大事なんだとおもうし、大事にしたい。