Forget for get

呼吸と体を通して、自分を思い出すこと、それは「自分」を忘れること。生きることを活かすこと、「生活」について綴ります。

呼吸シェアリング協会認定講座 | 息コミュニケーターⅠ&呼吸シェアリスト1コース @名古屋

こちらは概要の説明となります。興味のある方は、メッセージにて資料請求をお願いいたします。--●募集コース1【息コミュニケーター(自己実践コース)】このコースは、伝え手になりたい方が伝える勉強をする前におこなう一つ 一つの要素を全て正確に学習して…

オープンクラスのお知らせ | 9/1開催 瞑想と瞑想のための体づくり

週末のオープンクラス、次回は9/1(日)です。 先日開催した内容と同じです。なぜ同じことをするかというと、1回で得られるものと、継続的に参加して得られるものは別次元だから。 瞑想からの瞑想のための体づくりはすごくいい流れだなと思いました。通常で…

深呼吸の探求で得られるもの

この投稿をInstagramで見る 深呼吸を探求するといいことが本当にたくさんあるんだけど、中でもこれは、と思っているのは、自分で自分だけのこたえを見つけるしかない、というところ。結構いろんなことがネットで調べられる便利な世の中だけど、こればっかり…

平日夜開催|呼吸瞑想の会

かつての私は「悟り」たくて、いろいろな種類の瞑想や呼吸法などを実践していました。でも、そもそも悟ったことがないので、悟ったかどうかなど判断がつくわけもなく 笑。今ももちろん悟りとは何かわからないですがそれはもうどうでもいいものになりました。…

何がしたいかわからない

この投稿をInstagramで見る 昔付き合っていた人の親からHIVに感染しているという理由で交際を強く反対されたことがある。彼のところには毎日その母親から反対の電話があって、疲弊した(彼が)。で、じゃあどうしたいの? と聞いたら「どうすればいいかわか…

オープンクラスのお知らせ | 瞑想と瞑想のための体づくり

8月のオープンクラスのお知らせです。以前お知らせしたこちらのクラス、日程が合わなかった方ぜひ。 この会は2部構成です。第一部は、瞑想。自分の本質とは何かを体験します。第二部では、瞑想状態を継続するための体づくりです。どちらかだけの参加もOKで…

スタート地点

この投稿をInstagramで見る 月に1度60分のレッスンを数か月。それだけで英語が口からスラスラ出るようになる。とはきっと多くの人は思わないんだろうけど、健康な心身はそんなもんで手に入れたい、入れられると思う人もわりといるようなのだけど、なぜなんだ…

プロ仕様の自己実践とシェア

現在東京でスタートしている呼吸シェアリング協会認定講座。プロ仕様の自己実践と、そして呼吸のことをシェアしたい人のための講座です。 オープンクラスなどでお伝えしている内容はもちろんなのですがその裏というか、奥というか?なぜそうなのか、なぜその…

なにをするかより、どうやるか

この投稿をInstagramで見る なにをするかより、どうやるか。 物の扱いは、そのまま自分の扱いである、というのは精神論でもなんでもなくて、例えばドアをバタンッと閉めるとき、がちゃがちゃと食器を洗うとき、ソファにどさっと座るとき(イライラしてるとき…

どうあっても大丈夫な自分になる

View this post on Instagram 願いを叶える方法とか、なりたい自分になる方法とか、いろいろあるけど、じゃあ私が伝えてるのは何かというと、願いが叶わなくてもなりたい自分になれなくても大丈夫な自分になる方法。どうあっても大丈夫、って最強じゃない? …

何かを学ぶときには

View this post on Instagram なにか新しいことをやってみるとか、なんとか法とかを試してみるときには(スポーツでも、食事法でもなんでも)、言われた通りにする。自分なりのアレンジはしない、というのはすごく大切だと思う。でも、そのやり方を覚えて一…

呼吸か頭か

View this post on Instagram 先日1週間ほど胃腸炎的なにかで寝込み、死んだんですが。復活したらなんかものすごく豚肉の生姜焼きが食べたい。さて、どうするか。 ▶︎いやいや「あるベジタリアンの食卓」とかやってるくせにダメでしょ。 ▶︎なんかの間違いじゃ…

身体と瞑想

View this post on Instagram 昨日のポストのつづき的に。 瞑想を思考と本能が両立した状態であり、それを観察している自分がいる、と定義した上で。 瞑想は特別なものではなく、思考も本能も持ち合わせている「人」として生を全うするために必要な条件とお…

肉体か、精神か

呼吸・整体のおもしろいところは、鍼灸師、理学療法士などの方が治療やリハビリの一環に用いる手法である一方で(現在こっちが多数)、私のようになんだかよくわからない精神面、瞑想の手法として用いることが成り立っていること。精神世界を追求したときに…

自分の道を歩くときに

自分の道を歩く、となったときに、みなさんじゃあ仕事を辞める、とか、離婚する、とか、急なんですよ。大ごとに手をつける前に、まず今からの予定とか(行こうとしている場所や会おうとしている人など)、買おうとしてるものとか、食べようとしてるものとか…

自然の中で生きる

コンクリートジャングルで、余暇もあんまりない、仕事漬け。でも不調なく元気に生きている人もいれば、自然に囲まれたとこに暮らして、時間にも余裕があって、好きなこと仕事にして丁寧な暮らしをしてても、不調だらけな人もいる。環境とか、なにをしてると…

自然な呼吸って? オープンクラスのお知らせ

生まれたときから、文字通り休むことなくしている呼吸。吸って、吐いて、吸って、吐いて。繰り返し繰り返し行われる呼吸は、肉体面にはもちろん、精神面にもそして、それはつまるところ、人生にも影響を及ぼします。 え、人生にも? だって肉体と精神は繋が…

慢性的な不調のある人は

あ、これはまずい、休もう。気づく、認識する、行動に移す。慢性的な不調のある人はこのどれかが欠けてます。そもそも体のシグナルに気づけない、気づいても「体は辛いけど心は元気です!」とか言って、頭の都合優位でまずい状況認識ができない、しない。こ…

そうじゃないことをしない

荒療治的に「手放す」ことで新しい風が吹き込むこともある。これだ、と思う方に進んだ結果、勝手に「手離れ」るというのもある(子どもが新しいおもちゃに手を出すときに、それまで握りしめていたおもちゃをぽとりと落としてしまうような)。どっちでもいい…

決めて、まずは一歩

呼吸・整体のセッションを受けはじめて数カ月すると色々な場面で「なんか違う」感がでてきたりします。「だから、なんか呼吸、やになっちゃった」って方も。さてそこでどうするか? 息があがらない方を選ぶ? 息はあがって苦しいけど、これまで通り、どうに…

それは瞑想ではありません

サーフィンなどスポーツ中に何も考えていない状態は瞑想か、と聞かれるんですが、それは夢中になっているだけです。言葉にするなら、瞑想は夢中になっている自分を見ている静かな自分に気づいている状態、でしょうか。考えないこと=瞑想ではないです。ちな…

深呼吸の衝動

深呼吸の衝動を探究すると答えは本当に自分の中にしかないんだ…と実感したり、日常でいかに自分で自分の邪魔をして辛くなっているかにきづいたり、「自分」って何だ…となったり。いろいろあるみたいです。あと、こんな方も。「先月はセッション後に、大感情…

まずは体の安心感

先日、実験的に、一時的に体を壊すという体験をしたんですが、とてもおもしろかったです。ある部分に強い衝撃を与えると瞬時にそうなるんですが、もう、まず、立ち上がるのが怖い。歩くのもおぼつかない。というか、片足あげるのとか無理!みたいな。肚が抜…

やる理由、やらない理由

ちょっと待て やる理由並べ始めたらマインドだ #肚

人生で大事なことはたぶん

自分の道を進むときに、たぶん一番大事なのは、自分で感じて(察知して)、決めて、そのように動くこと。必要なのは、感じる力(リョク)と、あとはそのように動くのだ、という覚悟みたいなもの。でも、感じとって、そしてその通りに動いてみる、という練習…

やるか、やらないか、それだけ

あるプロスポーツ選手のセッション。直後のトレーニングで走り方や体の使い方の変化は実感されていましたが、その後しばらくして日常の体の使い方が気づいたら変わっていたと。そこがスタートでありすべてのようにおもいます。私はトレーナーの経験はないし…

息さえしていれば、変われる

一部の人が努力によって何かを得られる、というような方法や技術を人類の進化とは呼びたくない、とある人が言っていた。誰でもが努力せずに恩恵を得られるものでないと、と。呼吸・整体って、まさに、誰でもが努力せずに実践できて恩恵を得られるもの、だ。…

薬を飲んでなにが悪い

「花粉症対策としては薬飲んだほうがよいのでしょうか?」呼吸が中心に戻ると、花粉症の症状ってみなさん出なくなりますが、まだ体と向き合い始めたばかりで、自分と息が合ってないな、という場合には薬に頼ったらいいと思います。西洋医学の薬はすごいです…

”完成”を目指さない

瞑想でコケるコツは、なにか、どこかを目指すこと。どこかに到達すれば終わり、完成、OK、という思考のもとに瞑想していれば、迷宮入り。瞑想してるつもりが迷走に…笑。呼吸・整体を学び始めて最初のころは、終わりを目指します、みなさん。でも、1年もしな…

手作り至上主義に飲まれないで

【料理をしていると息が上がるんです】一挙手一投足を観てみる。力んでいないか、息を止めていないか。急いで!◯時までに◯品!ってなってそれにつられて息が上がっていないか。そしてそれをやめていく、っていうのもあり。あるいは、息が上がらない範囲内で…