Forget for get

呼吸と体を通して、自分を思い出すこと、それは「自分」を忘れること。呼吸と日々の食事でHIVとともに生きる心と身体をケアする松永真美が、生きることを活かすこと、「生活」について綴るつれづれブログ。

循環か停滞か

梅雨が始まる前、家中を大掃除。
うちのあたりは、この時期ちゃんと対策しないといろいろ黴びる、っていうのもあって
年末より、むしろ梅雨前のほうががんばりどき。

マイロハスに書いた記事の補足&ダイジェスト。

www.mylohas.net

www.mylohas.net

 

必要なものか、自分を満たしてくれるものしか買わないので
そんなに持ちものは多くないと思うけど、
見返してみると、今の自分にはもう必要ないものもあったりします。
1年使っていないものは、見直しの対象。

で、どんなふうにチェックするかというと
そのものが、どんなニーズを満たしているだろうかということをみていく。
快適さ、気軽さ、美、たのしさ、自己表現…いろいろあります。

たとえば洋服でも、超好き!ってわけではないけれど、
持っていることで気楽さや心地よさが満たされるものがあったりします。
掃除道具でも、スプーンでも、どんな小さなものでもそうやってみていく。

この方法で自分の持ちものを見直していくことの恩恵は、
わーーーー、私こんなに豊か!ってことに気づくことと
持ちものすべてを大切に扱うようになること。
そして、高かったし、とかいつか使うかも…
なんていうマインドから自由になれること。

ものを持たないライフスタイルが浸透しているけど
でも、捨てることは果たして美徳かというとそんなことはないとおもいます。
もったいないの精神で、使い切るっていうのが素敵だとおもう。
なので、手放すことだけにフォーカスせずに、
なにを持つか(買うか)がすごく大事。
そっちのほうが、マインドが暴走しやすいしね。

自分に必要のないものをいつまでも握りしめていないで、どんどん循環させていく。
ものだけでなく、お金も人間関係も。
この世は循環か停滞しかないと思うんだよね、って友人のむらさんが言ってたけど
うん、そうだよね。

自分の居場所をちゃんとする、って自分をととのえるのに大事だし、てっとり早い。
ゆくゆくは、そんなの関係ないってところにいきたいけどね!