Forget for get

呼吸が変わるとラクになる

イヤイヤ期

同じことを何度もするのは飽きた!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

やり方を覚える。そこがようやくスタート地点。同じことを何度も繰り返すことでしか見えてこないものってある。ワークは道具。自分とコミュニケーションするための道具。同じことをすることに飽きた、ってつまり自分とコミュニケーションすることに飽きた、ってこと。ワークだけじゃなくて、日々のいろいろ、食器を洗うとか洗濯物をたたむとか、終わらせるべき用事とするのか、自分とコミュニケーションする手段とするのか、それはお好みで。繰り返し同じクラスを開催しているけれど、DOJO生が一定数参加しているのはそこをわかっているから(ですよね?笑)。そのとても大事なところを共有できていてうれしいです。 写真は3年前、カウアイ島

松永真美 | Mami Matsunaga(@matsunaga_mami)がシェアした投稿 -

怒りを愛に…変えたらダメ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

自然呼吸回復プログラムでした。ありがとうございました。「あるものをなかったことにしないこと」ということをチラッとお話ししましたが、不安とか恐れとか怒りとかをね、光だの愛だのに変えなくていいですよ。不安は不安、恐れは恐れ、怒りは怒り。お、あるな。以上。気づいていればもうそれで充分です。いじくり回すからややこしくなるんです。かさぶただって、触ったら治るの遅くなるでしょう。ほっとけば勝手に代謝します。やっかいなのはそれがあることにすら気づかずに、自分にはそんなネガティブな感情などないんだと信じこんでしまうことですが、まあ呼吸ワークやってたらそういうこともないでしょう。ワークしてたら、なんかイライラしてきた、とかは順調っていうのはそういうことです。うまくいかない瞑想こそうまくいっている、と瞑想の師も言っていました。

松永真美 | Mami Matsunaga(@matsunaga_mami)がシェアした投稿 -

歩くということ

来週月曜日朝はこちらです。歩き方。

walkingmedi.peatix.com

 

それぞれのお近くの歩きやすい場所で。朝6時からという一般向けクラスにしてはチャレンジングですが、すでにお申し込みもいただいており、ありがとうございます。

こんなふうに歩くと、日常の「歩く」という行為がガラッと変わります。身体への信頼、というかもう身体にはひれ伏すしかない、という感じになります(笑)。

「自分」の限界を知ることにはなると思いますが、それと同時に「自分」の限界が外れるんじゃないかな。「自分」ってなんですかねって話になりますけど。

DOJO生各位、無料チケット申し込み枠作りましたので参加する方はお申し込みをおねがいします。

アフターコロナってそもそもいつなの?

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

やってると楽だから。どうにも体調が悪い、あちこち痛い。そういう人ほど呼吸ワークをやりまくるし、結果として心身ともにいい感じになっていくのが早い。そういう人が口を揃えて言うのがこれ。難しい病気で、今までいろいろやってきて、もうこれは前世が問題だ、ってなって、そういうのも色々やって、でもダメだったのに、なんでおじぎしてるだけなのに! しかもこんな短い時間なのに! こんなに楽に! くそぅ! って人もいましたね 笑。正しいから、身体にいいからという理由で何かをするのは限界があるし、呼吸ワークはそういうものではないです。今、楽に。それが積み重なって、楽な人生に。アフターコロナとかじゃなくて(そもそもアフターはいつなの?)、大事なのは今。

松永真美 | Mami Matsunaga(@matsunaga_mami)がシェアした投稿 -

今の自分にOKを

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Netflix見て夜更かしして、朝起きるのが遅くなっちゃう、そういう生活になっちゃった…って罪悪感持ったり自分を責めたりなくていいですよ。あ、いま、私そういうモードなんだな、はい、承知。で終わり。花は咲くときに咲くし。という話をDOJOでしました。なんだかわからないけれど文字通り1日中眠りこけてしまう日、とかありませんか? 私はあります。割と昔からあります。それでこれはもしかしてちゃんとした社会人にはなれないのでは…ってなりました。実際なれませんでした(笑)。

松永真美 | Mami Matsunaga(@matsunaga_mami)がシェアした投稿 -

呼吸沼へようこそ