Forget for get

呼吸と体を通して、自分を思い出すこと、それは「自分」を忘れること。生きることを活かすこと、「生活」について綴ります。

あるベジタリアン、肉を食べてみる

ベジタリアンは草ばっかり食べてる。
いやいや、結構ちゃんと食べてまっせ、というところから始まった
instagramでの投稿、#あるベジタリアンの食卓 が
webマガジン「マイロハス」での連載になったのが数年前のこと。

なんですが、実は私ベジタリアン、というわけではないです(爆)。
実態は、確かにそうなんだけれども(肉魚卵食べない)、
そう決めているわけでもないし、なんの思想もない。
食べたくないから食べないだけ、が続いただけです。
つまり単なる好き嫌いです。

で、最近になって、マインド的には食べたくないんだけれども
体的にはどうなんだろう? という疑問が出てきました。

で、食べてみました。
鶏肉を少し。
自分の親指くらいの大きさのもの。

なにこのインパクト!?
胃から広がる衝撃波みたいな?
ドワーーーーーっと広がる何か。
圧倒的な存在感。

これくらい食べればもう、3日くらいなにも食べなくて大丈夫そう。
狩猟生活できそう。
炭水化物全然欲しくならないし。
糖質オフダイエットでは、肉はOK、米はダメだと聞いたけど
(情報薄くてすみません)
ダメとかじゃなくて、いらなくね? 米とか炭水化物。

そして、肉を必要とするにはだいぶ活動しないとだ、と思いました。
アーユルヴェーダでは、体力の落ちた人に
肉の出汁のスープを飲ませたりするんだけれど、ナルホド、と思いました。

肉片少し食べて、数日して、また少し食べるとか、ものすごい時短な気がします。
食事の準備して、食べて片付けて、って時間かかるものね。

 

〜現在決まっているクラスなど〜

3月17日〜20日
★キャンセル出ました! 残1枠★3泊4日の呼吸集中合宿@モリウミアス〜本来の自分に還り、大地につながるリトリート〜

3月27日(火)10:30〜
自然呼吸を体験する会〜マインドフルネスのプラクティス〜

4月23日(月)19:00〜
<呼吸dojo>2018年第2期 A/月曜夜開催

4月30日(月)10:30〜
<呼吸dojo>2018年第2期 B/月曜午前開催

f:id:remembering:20180306124201j:plain

 先日焼いた、栗とカッテージチーズとチョコレートのケーキ。料理は卵バターなしの方が断然楽。