Forget for get

呼吸と体を通して、自分を思い出すこと、それは「自分」を忘れること。生きることを活かすこと、「生活」について綴ります。

いくら学んだって変化なんかしない

〜クラス、講座など〜
●12月16日(土)@東京都文京区
Zen in Action vol.3 呼吸と日常所作2

●12月22日(金)@東京都渋谷区
"自然体で生きる"実践 in歳末の大通り(自然体に着地する呼吸ワークと自然体を馴染ませる街歩き)松永真美 x 永野辰馬

●12月23日(土)@神奈川県藤沢市
呼吸dojo〜マインドフルネスと呼吸〜

●1月16日(火)@名古屋
本当の呼吸を知ると体もココロも整っていく!究極の呼吸レッスン♪

 

--

いろいろ学んだんだけれども、なかなか変化が感じられなくて。
だからもっと学ばないと。
って、そりゃそうだ、学んだって、実践しなければ何も変わらない。
自転車の乗り方を本で読んでわかったって、
実際に自転車に乗る練習をしなければ乗れるようにはなりません。

世の中には、意識を変える、すると世界が変わる、というような
そういうことも言われているけれど、
まあ、それもそうで、世界をどう見るかは変わると思う。
つまり世界が変わった、ように思う。
でも、意識を変えたとしたら、自分の行動も変わるんではないかな?

先日山梨で呼吸の合宿をしました。
参加者のひとりに、定期開催の呼吸DOJOにも参加している人がいました。
初めて会った時とは明らかに体も(顔、表情も)変わっていて、聞けば、
その時出した「宿題」をひたすら実践していたそうなんです。
で、その動機は
「やらなかったら次回会った時にやってないことがバレるって思った」から。

恐れからの行動は、よくない的にあーだーこーだ言われますが
自分が「自分」と思っているものなんて、「自分」なんかではないし
呼吸の練習については、動機なんてどうだっていいと思っています。
体が変われば、呼吸が変わります。
呼吸が変われば、マインドが変わる、のではなくて
マインドなど、どうでもよくなります。

ただやる。
それってすごく強いです。

f:id:remembering:20171212221953j:plain

空気が澄んでいて、冬は夕焼けが派手。